犬の外耳炎治療、原因と症例

犬と猫の外耳炎治療イメージ

犬や猫、大切なペット達の現在の聴力はどのくらいなのか、あなたは把握されてるでしょうか。

当院では治りにくい外耳炎や中耳炎の完治、またはかなりの回復状態まで導く事ができた実績があります。

ここでは犬や猫の外耳炎に関する基礎的な知識から実際の症例、治療法、発症している際のしぐさなどをご紹介しています。

わんちゃんたちは耳を患っているだけで、かゆみや頭痛、憂鬱感で悩まされています。

当院は、それを少しでも早く回復させる事で、今以上に快活で良好な飼い主様とわんちゃん達のコミュニケーションを得るお手伝いが出来ればと願っています。

目次

外耳炎について

外耳炎は耳の穴に炎症が起きた状態

外耳炎は、耳の穴に急性または慢性の炎症が起こっている疾患のことをいいます。

その炎症は、耳の穴の入口から鼓膜まで及ぶこともあり、放っておくと鼓膜の奥にある中耳、さらには内耳に波及することも珍しくありません。

症状は、外耳炎を引き起こしている原因と炎症の程度により様々ですが、一般に耳にかゆみや痛みが生じます。痛みのため、犬自身が耳を触らせまいと、攻撃的になることすらあります。

そのほかにも、首を振ったり足で耳の後ろの部分を掻いたり、耳を下にして頭を傾けるようなしぐさをします。

耳垢が多くなり、耳から悪臭を放つようになって、ようやく気が付かれることもあります

外耳炎になる原因

原因として、最も多いのが犬アトピー性皮膚炎あるいは食物アレルギーです。

実に犬アトピー性皮膚炎のわんちゃんの83%は、外耳炎を併発しているという報告、そして犬アトピー性皮膚炎のわんちゃんの3?5%は外耳炎の症状のみというデータもあります。

一方、食物アレルギーのわんちゃんの80%は、外耳炎を併発しているとも言われています。

このように、外耳炎の多くがアレルギー体質に関連していることがありますが、他にも草の実など異物によるもの、耳疥癬(耳ダニ)の感染によるもの、綿棒などによる誤ったケアによるもの、内分泌と呼ばれる体質によるもの、免疫の問題によるもの、腫瘍によるもの、耳垢腺という分泌腺の疾患によるものなど多くの原因がありえます。

もともと、耳の中には『マイグレーション』と言って、耳の中を自浄化する自然治癒力があるのですが、上記のような外耳炎を引き起こす原因によって、そうした機能が働かなくなると、耳の中の環境が悪化し、外耳炎が発症します。その結果として、細菌や真菌が増えるわけです。

外耳炎は、こうして様々な原因がありますから、これまでの経緯を詳しくお聴きしていくことが必要です。

また、オトスコープという内視鏡で耳の中を丁寧に診てもらうことが望まれます。

オトスコープとは

獣医師用の耳用内視鏡(耳鏡)。
パソコンやタブレットを使用して動物の耳の中を見ることができる。

コデン株式会社より引用

当院の外耳炎治療

私は、「刺毛性鼓膜炎」と名付けた、体表にある被毛が鼓膜を刺激、もしくは刺さることによって起こる外耳炎をたくさん診ています。

これなどは、オトスコープでないと、見つけることが難しいでしょう。

どのケースも「細胞診」という耳垢の検査が必要です。なぜかというと、この検査によって外耳炎の原因や性状がわかることが多いからです。

こうした検査があってはじめて「的を射た治療」ができます。すなわち、外耳炎の治療法は外耳炎をもたらした原因によるのであり「抗生物質」の投与で治ることは、むしろ少ないと言えるでしょう。

外耳炎をもたらした原因に焦点を当てつつ、必要により細菌や真菌を退治します。慢性になってしまった外耳炎の多くは、バイオフィルムというしつこい汚れの中に細菌が生き残っています。ですから、丁寧に汚れを洗い落とさないと完治しにくいと思われます。

患者であるわんちゃんたちは、言葉では表現しませんが、外耳炎が慢性でしかも悪化しているとかなり辛いです。飼い主がわんちゃんの状態を見極め早期な治療や定期的な健診をお受けになることをお勧めします。

犬の外耳炎 症例・治療法

外耳炎治療における犬の耳の中

耳の中(外耳道)や耳のまわりの炎症をいいます。
実は、犬ではあらゆる病気の中で最も多い疾患の一つです。
原因は様々で、しかも複数の因子が関係していることが多く、そのため治りきらずに慢性になりやすいのです。

症状

  • 耳をかゆがる
  • 耳ダレがみられる
  • 黒い耳垢が見荒れる
  • 耳が臭い
  • 頭をよく振る
  • 沈鬱で無表情

外耳炎の治療の流れ

  • 外耳炎ではこのように耳垢がへばりついていることがあります。

  • こうして洗浄いたします。    

  • 治癒した時の状態です。     

犬の中耳炎 症例・治療法

犬や猫では、ほとんどの場合、外耳道から波及して鼓膜の奥にある中耳まで炎症が起こり、中耳炎となります。例外的にキャバリアと一部の犬種では、鼻の奥から耳管と呼ばれる管を介して中耳炎になります。

中耳炎の症状は、ほとんど外耳炎と同じです。それだけに中耳炎になっていても気付いてもらえないことがよくあります。悪化した場合、頭を傾けたり、目が揺れる、顔面神経の麻痺などが見られます。

症状

  • 耳をかゆがる
  • 耳ダレがみられる
  • 黒い耳垢が見荒れる
  • 耳が臭い
  • 頭をよく振る
  • 沈鬱で無表情
  • 耳を触られるのを嫌がる
  • 頭を傾ける
  • 目が揺れるように動く
  • 唇が垂れる

中耳炎の治療の流れ

  • 中耳炎の治療の流れ

    破れた鼓膜が見えます。                          

  • 破れた鼓膜から硬性鏡を挿入、鼓室も洗浄します。          

  • 中耳、外耳が清潔になると、こうして鼓膜は再生されやすくなります。

犬の内耳炎 症例・治療法

犬や猫では、外耳炎から中耳炎、そしてその奥にある内耳が侵されて内耳炎が発症します。ですから、内耳炎・中耳炎になってしまう前に外耳炎を完治させることが大切です。一方、ウサギでは、鼻から耳管という管を介して細菌が侵入し、内耳炎になることがあります。いずれも下記のような神経症状が出やすくなります。
尚、ここでは、ウサギの内耳炎の動画と治ってからの様子をご覧になれます。ウサギでは、ある種の原虫、エンセファリトゾーンによる感染症との鑑別が必要になります。

症状

  • 頭を傾ける
  • 眼が揺れて見える
  • 旋回する
  • 歩き方がおかしくなる
  • 平衡感覚の麻痺

内耳炎の治療の流れ

  • 頭を傾け、眼が揺れているウサギ。         

  • 外耳道と鼓室を洗浄、抗生剤を与えて治った様子。

異物による外耳炎 症例・治療法

よく見られるのが草の芒が、外耳道の奥まで入り込み、急性の外耳炎を発症します。
また、自分の毛が入って外耳炎が起こることもあります。

症状

  • 急に耳を気にする
  • 耳を痛がる
  • 頭をよく振る

異物による外耳炎の治療の流れ

  • 草の芒を除去する様子。

  • 自分の毛を除去する様子。

こんな症状、しぐさが出たら注意!

各症例事にもご紹介しましたが、下記のようなしぐさをしていたら、何らか耳のトラブルを発症している可能性が高いです。手遅れになる前にすぐに専門医にご相談ください。

  • 耳のかゆみ
  • 耳の痛み
  • 頭をよく振る
  • 耳の周辺をよく掻く
  • 片方の耳を下にして頭を傾ける
  • 耳垢が多くなる
  • 耳から悪臭がする

耳の病気になりやすい犬種

  • アメリカン・コッカー・スパニエル

    アメリカン・コッカー・スパニエル
    もともとイギリスから輸入されたスペインの猟犬であるスパニエルにはじまり、アメリカ合衆国内で発展しました。

  • コッカー・スパニエル

    コッカー・スパニエル
    有名な愛玩犬のアメリカン・コッカー・スパニエルの祖先犬にあたり、姿かたちもよく似ていますが、かなり頭がとがっていて口吻も長いです。

  • フレンチブルドッグ

    フレンチブルドッグ
    がっしりとした体つきの、極めて鼻が短い小型犬です。特徴的なのはコウモリが羽を広げたような耳で、バット・イアと呼ばれます。

  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

    ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
    スコットランド原産の一犬種。白一色の被毛を持つ小型のテリアで、ウェスティーという愛称で呼ばれています。

  • プードル

    プードル
    古くからヨーロッパで広くみられ、特にフランスでの人気が高く、「フレンチ・プードル」と呼称されることもあります。

  • トイプードル

    トイプードル
    24cm~28cmまで小型化されたプードルで、美的な要素も加味されていきながら今日の愛玩犬となりました。

犬のためにあなたができること

犬の外耳炎治療イメージ

外耳炎は慢性化や再発がしやすいため、ていねいな治療が必要です。また、耳道が正常化するまで。つまり、耳道や鼓膜が回復したことをオトスコープで確認できるまで通院するようにしましょう。

また、アレルギー体質による外耳炎などはより再発もしやすいので、今後のケアについてお近くの専門医に詳しく指導してもらって下さい。残念ながら、既に深刻に耳道が傷んでいる場合、CTやMRIによって、より正確に耳道だけでなく周辺組織の状態を把握する必要があるかもしれません。

従来は、大きな外科的治療が求められるケースも、オトスコープなどの活用で、手術を回避できることが少なくないようになりました。

ですが、それでも手遅れになる事もあります。そうならないように、にわんちゃんの事を考え、早期の発見と治療を心がけてください。

ページトップ