よくある症例

外耳炎

耳の中(外耳道)や耳のまわりの炎症をいいます。
実は、犬ではあらゆる病気の中で最も多い疾患の一つです。
原因は様々で、しかも複数の因子が関係していることが多く、そのため治りきらずに慢性になりやすいのです。

症状

  • 耳をかゆがる
  • 耳ダレがみられる
  • 黒い耳垢が見荒れる
  • 耳が臭い
  • 頭をよく振る
  • 沈鬱で無表情

外耳炎の治療の流れ

  • 外耳炎ではこのように耳垢がへばりついていることがあります。

  • こうして洗浄いたします。    

  • 治癒した時の状態です。     

中耳炎

犬や猫では、ほとんどの場合、外耳道から波及して鼓膜の奥にある中耳まで炎症が起こり、中耳炎となります。例外的にキャバリアと一部の犬種では、鼻の奥から耳管と呼ばれる管を介して中耳炎になります。

中耳炎の症状は、ほとんど外耳炎と同じです。それだけに中耳炎になっていても気付いてもらえないことがよくあります。悪化した場合、頭を傾けたり、目が揺れる、顔面神経の麻痺などが見られます。

症状

  • 耳をかゆがる
  • 耳ダレがみられる
  • 黒い耳垢が見荒れる
  • 耳が臭い
  • 頭をよく振る
  • 沈鬱で無表情
  • 耳を触られるのを嫌がる
  • 頭を傾ける
  • 目が揺れるように動く
  • 唇が垂れる

中耳炎の治療の流れ

  • 中耳炎の治療の流れ

    破れた鼓膜が見えます。                          

  • 破れた鼓膜から硬性鏡を挿入、鼓室も洗浄します。          

  • 中耳、外耳が清潔になると、こうして鼓膜は再生されやすくなります。

内耳炎

犬や猫では、外耳炎から中耳炎、そしてその奥にある内耳が侵されて内耳炎が発症します。ですから、内耳炎・中耳炎になってしまう前に外耳炎を完治させることが大切です。一方、ウサギでは、鼻から耳管という管を介して細菌が侵入し、内耳炎になることがあります。いずれも下記のような神経症状が出やすくなります。
尚、ここでは、ウサギの内耳炎の動画と治ってからの様子をご覧になれます。ウサギでは、ある種の原虫、エンセファリトゾーンによる感染症との鑑別が必要になります。

症状

  • 頭を傾ける
  • 眼が揺れて見える
  • 旋回する
  • 歩き方がおかしくなる
  • 平衡感覚の麻痺

内耳炎の治療の流れ

  • 頭を傾け、眼が揺れているウサギ。         

  • 外耳道と鼓室を洗浄、抗生剤を与えて治った様子。

異物による外耳炎

よく見られるのが草の芒が、外耳道の奥まで入り込み、急性の外耳炎を発症します。
また、自分の毛が入って外耳炎が起こることもあります。

症状

  • 急に耳を気にする
  • 耳を痛がる
  • 頭をよく振る

異物による外耳炎の治療の流れ

  • 草の芒を除去する様子。

  • 自分の毛を除去する様子。

耳の病気になりやすい犬種

  • アメリカン・コッカー・スパニエル

    アメリカン・コッカー・スパニエル
    もともとイギリスから輸入されたスペインの猟犬であるスパニエルにはじまり、アメリカ合衆国内で発展しました。

  • コッカー・スパニエル

    コッカー・スパニエル
    有名な愛玩犬のアメリカン・コッカー・スパニエルの祖先犬にあたり、姿かたちもよく似ていますが、かなり頭がとがっていて口吻も長いです。

  • フレンチブルドッグ

    フレンチブルドッグ
    がっしりとした体つきの、極めて鼻が短い小型犬です。特徴的なのはコウモリが羽を広げたような耳で、バット・イアと呼ばれます。

  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

    ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
    スコットランド原産の一犬種。白一色の被毛を持つ小型のテリアで、ウェスティーという愛称で呼ばれています。

  • プードル

    プードル
    古くからヨーロッパで広くみられ、特にフランスでの人気が高く、「フレンチ・プードル」と呼称されることもあります。

  • トイプードル

    トイプードル
    24cm~28cmまで小型化されたプードルで、美的な要素も加味されていきながら今日の愛玩犬となりました。

ページトップ